引き渡しまで

【ショウルーム見学】サンゲツ(カーテンコンサルテーション)

サンゲツさんは名古屋に本社があり、本社ビルの中にショウルームがあります。今度はこちらにカーテンの相談にお邪魔しました。

コンサルテーションとは

サンゲツさんは壁紙やカーテンなどを取り扱う企業ですが、プロの専任スタッフさんに壁紙やカーテンのアドバイスをもらえるというサービス(コンサルテーション)があります。
これは、ハウスメーカー経由でなくても利用できます。
今回はカーテンのコンサルテーションを予約しました。

カーテンを選ぶ

我が家のオーダーカーテンを作りたい部屋は以下の通りです。

  • リビング(掃き出し窓、3連縦長窓、2連小窓)
  • 寝室(掃き出し窓、横長窓)
  • 2階廊下の縦すべり窓

子ども部屋は前の賃貸のおうちで使っていたカーテンをリメイクして使います。

リビングのカーテン選び

掃き出し窓

リビングの掃き出し窓は色が淡くてかわいい柄のカーテンがいいな~♡と考えていました。ショールームにはとんでもない量のカーテンが展示してありますが、意外と上記のようなカーテンは少なかったです。
ここでわたしたちが選んだのは以下のカーテンです。

「AC5160」です。サンゴの模様が可愛いです。

色違いの「AC5161」も選びました。こんな感じのラックを貸していただけるので、気になるカーテンはどんどん掛けていきます。最後に掛けたカーテンのサンプルがいただけます。

ちなみにサンゲツさんのカーテンは1.5倍ヒダと2倍ヒダが選べますが、我が家は2倍ヒダを選びました。

2連小窓

小窓は掃き出し窓のすぐ隣にあるので、掃き出し窓と同じ生地でダブルシェードにすることにしました。

シェードの操作方法にはドラム式とコード式があるそうですが、ほぼ即決でドラム式にしました。
コード式だと2本の紐が垂れ下がることになってしまいますが、ドラム式だとコード1本で2枚の布を操作できます。

向かって左がドラム式、右がコード式です。

コード式です。紐が2本垂れています。

ドラム式の操作部分です。ボールチェーンみたいな感じです。

3連縦長窓

ダイニングテーブルの横にある3連窓ですが、ここのカーテンがなかなか決まらず…
北欧ライクで可愛い色のウッドブラインド(WB-602)にしました。

寝室のカーテン選び

掃き出し窓

寝室はアクセントクロスが紺色(ICさんはジーンズみたいな色だとおっしゃっていました笑)で床はハピアフロアのバーチ柄グレーです。

他のお部屋とは雰囲気を変えたくて、カーテンも幾何学柄がいいと思っていました。こちらは波模様のグレージュのカーテンを選びました。

「AC5493」です。

横長窓

これはFIX窓なんですが、掃き出し窓と同じ生地でシングルシェードにすることにしました。

2階廊下の縦すべり窓のカーテン選び

小窓で、2階の洗面台の横にある窓です。
ダブルシェードで、大き目の柄(マリメッコのウニッコみたいな…)が希望でした。

サンゲツさんでsou・souとコラボして発売しているカーテンがあるんですが、その中から「優」を選びました。

カーテンコンサルの内容について

コンサルテーションはこちらが「こんな感じのカーテンを探しています」と伝えると、「こんな感じはどうですか?」といくつかカーテンを紹介してくださる感じです。
サンゲツさんのショールームには本当に無数のカーテンが展示されているので、私たちだけで展示品から希望のカーテンを探すのは、正直かなり時間がかかると思います。このサービスは本当に助かります。

また、窓につけるものはカーテン、シェード、ロールスクリーン、ウッドブラインドなどいろいろな選択肢がありますが、それぞれのメリットやデメリットなどを説明してくださるほか、細かな仕様(裾の仕上げやヒダ、操作方法など)についても教えてもらえました。

お話の中で、使っているカメラが一緒だと判明したり、流行っている家具屋さんの話になったり…とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

まとめ

選びきれないくらいたくさんの種類のカーテンの中から好きなものを選べるので、気に入るものが絶対あると思います。

カーテン決めの早い段階で、見学に行かれることをおすすめします♡

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友不動産へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。