住友不動産

【住友不動産】トイレの標準仕様について

はじめに

住友不動産は全国各地に営業所がありますが、それぞれ標準の仕様やオプションの金額が微妙に違っています。こちらの記事の標準仕様は、

  • 2020年12月引き渡し
  • 東海地方

の標準仕様です。

住友不動産のトイレの標準仕様

2階建て住宅だと、トイレが2つ(1Fと2Fで1つずつ)標準でつけられました。選べる仕様は各階で微妙に違います。

1Fのトイレの標準仕様

パナソニック アラウーノS141

自動で便器内を洗浄してくれるアラウーノが標準です。アラウーノは有機ガラス系の「スゴピカ素材」でできています。これは陶器ではないので、好みが分かれそうです。

ちなみに東海地方だと水回り3点をパナソニックで選ぶと、キッチンのカップボードがプレゼントされるので、全部パナソニックで揃えられる方が多いそうです。

リクシル 収納一体型シャワートイレ(ベーシアピタ)

「YBC-BA183ES1-SF」という型番の、ビルダー専用のモデルのようです。タンクの周りが収納になっているタイプです。
トイレ内のスペースが狭くて収納場所が取りづらい場合は、良さそうです。

2Fのトイレの標準仕様

TOTO ZJ2

TOTOのビルダー専用のモデル「ZJ2」です。
我が家はこれの手洗いなしバージョンが2Fにありますが、必要最低限の機能があるので十分だと思っています。

まとめ

住友不動産のトイレの仕様は、「良い」と思います。
1FのアラウーノS141とベーシアピタのどちらも良いものですし、2FのZJ2も充分です。
我が家は1FのトイレはTOTOのネオレスト(オプション)に変更しているのですが、標準仕様からの差額なので10万円以下で済みました。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友不動産へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。